≪相続登記の戸籍謄本 ≫

亡くなった方の戸籍謄本は、

その方の死亡の事実を裏付ける資料として

必要になりますが、それだけではありません。

 

亡くなった方の子は、亡くなった方の相続人です。

通常、子は出生後、親の戸籍謄本に記載されます。

 

そこで、亡くなった方の戸籍謄本は、

亡くなった方の相続関係を裏付けるためにも

必要になるわけです。

 

もっとも、相続登記に際して必要とされる

亡くなった方の戸籍謄本とは、

一部の例外的な場合を除き、

通常、1通だけでは足りません 。

 

基本的には、亡くなった方の

出生から死亡に至る全過程を記録する、

過去に遡った全ての戸籍謄本が

各1通(計数通)必要です。

  

戸籍謄本は、何十年か毎にこれまで複数回

書式の変更(戸籍の改製)が行われています。

平成から令和の間の直近の改製によって、

現在の電算化された横書のものになりました。

 

戸籍が改製される際、改製「前」の戸籍謄本に

記録されていた全ての情報が改製「後」のものに

引き継がれるわけではありません。

このことは、本籍を変更する転籍でも共通です。

 

例えば、亡くなった方の改製「前」の戸籍謄本に

亡くなった方の子が記載されていたとしても、

改製「前」に結婚等で他の戸籍に移っている場合、

その方は改製「後」の戸籍謄本には記載されません。

 

そこで、亡くなった方の相続人として、

・子がいるのか、

・いるとするとそれは誰なのか、

・他に子は存在しないのか、

これらの事実を裏付ける資料として

改製や転籍「前」の戸籍謄本も必要になるわけです。

 

そして、親の出生前にその子が生まれることは

ありえないので、他に子は存在しないことを

裏付けるため、基本的には、亡くなった方の

出生以降の全ての戸籍謄本が必要になります。

 

もっとも、昔の戸籍謄本には手書きのものも多く、

大変読みづらくて一般の方には何が書いてあるのか

よく分からないような戸籍謄本も珍しくありません。

 

また、戸籍謄本は本籍地の市(区)町村役場

でなければ交付してもらえないので、一般の方には

戸籍謄本の請求自体が困難なケースもよくあります。

 

戸籍謄本の収集が困難であれば、

収集を当事務所に依頼することも可能です。

 

ご相談は無料です。安心してお問合せ下さい。

(ただし初回1時間に限ります。)

TEL:048-599-3131

メールによるお問合せ

受付けています

 

当事務所による相続登記の進め方については、

不動産相続手続の進め方 をご覧ください。

 

相続登記に関する当事務所の費用は、

登記費用はいくらか?のコラムと

相続 料金表 をご覧下さい。

 

土日祝含め夜8時まで

ご来所は事前にご予約を

TEL:048-599-3131

メールによるお問合せ

受付けています

ご相談は無料です

(初回1時間に限ります)

お気軽にお問合せください

〒360-0031

埼玉県熊谷市

末広2丁目98番地3

(熊谷東小学校の正面)

TEL:048-599-3131

FAX:048-599-3132

email:isobe@sg-suehiro.com  

受付時間:9~20時

定休日:定めていません 

対応地域

・埼玉県

  熊谷市、深谷市、

  行田市、本庄市、

  鴻巣市、東松山市、

  羽生市、加須市、

  久喜市、北本市、他

・群馬県

  高崎市、藤岡市、

  前橋市、伊勢崎市、

  太田市、桐生市、他

・東京都・神奈川県

・千葉県・栃木県

・茨城県・長野県

・新潟県・他

ブログ

磯部のブログです。

よろしければご覧下さい。

熊谷末広の司法書士」 

相互リンク募集です!

リンク集